空罫研究
「書海社」創設者 「松本芳翠」先生の資料集

松本芳翠(まつもと ほうすい、1893年 - 1971年)は日本の書家。愛媛県伯方島生まれ。本名:松本英一。 1910年(明治43年)明治薬学校(現明治薬科大学)卒。1921年(大正10年)「書海社」を設立し、競書誌「書海」を発行。 同11年平和記念東京博覧会で、一等賞金牌受賞。1948年(昭和23年)日展審査員。

1955年(昭和30年)「雄飛」で芸術選奨文部大臣賞、1960年(昭和35年)「談玄観妙」で日本芸術院賞。日展参与。日本芸術院会員。

財団法人 書海社初代理事長。書においては六朝を取り入れ、端整で秀麗な楷書は「芳翠流」といわれ今なお受け継がれている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


芳翠『楷書基本帖』に學ぶ
谷村雋堂
『書海」に好評連載中の谷村雋堂先生の大学講義ノートから「芳翠『楷書基本帖』に學ぶ」
を、読みやすい形で掲載しました。
芳翠『楷書基本帖』に學ぶ」(20)[書海」2014年2月号掲載)
芳翠『楷書基本帖』に學ぶ」(21)[書海」2014年5月号掲載)
芳翠先生『撰新女子習字教範
芳翠書「禪林句別集」(1-6)
書海』アーカイブ
「芳翠古稀心畫」の鑑賞

 『芳翠古稀心畫』 は、本來なら芳翠先生の70歳となる昭和38年に出版すべきものかも知れないが、その2年後、昭和40年(1965)に二玄社から出版されている。

「松本芳翠臨」の鑑賞
「実用習字」松本芳翆先生書
芳翆先生「條幅入門」
「芳翆かな手本」

「芳翆かな手本」 は『書海』の昭和30年12月号より連載されたものです。
芳翆先生の美しいかな文字を鑑賞しながら、ご自身のお手本として参考にしてください。

「芳翆かな手本」(70) 不二ひとつ・・・
「芳翆かな手本」(71) さみだれや・・・
「芳翆かな手本」(73) 三井寺や・・・
「芳翆かな手本」(75) しらきくの・・・
「芳翆かな手本」(76) 寝ごころや・・・
「芳翆かな手本」(77) 寝ごころや・・・
「芳翆かな手本」(78) からさきの・・・
「芳翆かな手本」(79) 卯の花の・・・
「芳翆かな手本」(80) 行く春や・・・
「芳翆かな手本」(81) 竹の子や・・・
芳翆書「小倉百人一首」(01) 秋の田の・・・
「芳翆かな手本」(87) この道を・・・
「芳翆かな手本」(85) 月はやし・・・
芳翆書「小倉百人一首」(02) 春過ぎて・・・
芳翆書「小倉百人一首」(03) 足引きの・・・
芳翆書「小倉百人一首」(04) 田子の浦に・・・
「芳翆かな手本」(50) あさがほに ・・・・
「芳翆かな手本」(49) われときて ・・・・
「芳翆かな手本」(48) さつきまつ ・・・・
「芳翆かな手本」(47) はかなくて ・・・・
「芳翆かな手本」(46) あきまちて ・・・・
「芳翆かな手本」(45) きみなくて ・・・・
「芳翆かな手本」(44) やまさびし ・・・・
「芳翆かな手本」(43) くれてゆく ・・・・
「芳翆かな手本」(42) おぐらやま ・・・・
「芳翆かな手本」(41) あまのがわ ・・・・
「芳翆かな手本」(40) きのふまで ・・・・
「芳翆かな手本」(39) ほととぎす ・・・・
「芳翆かな手本」(38) はるかすみ・・・・
「芳翆かな手本」(37) みよし野の・・・・
「芳翆かな手本」(66) いくたびか ・・・
「芳翆かな手本」(64) 菊の香や ・・・
「芳翆かな手本」(63) おみなへし ・・・
「芳翆かな手本」(62) ほうほうと ・・・
「芳翆かな手本」(61) 閑かさや ・・・・
「芳翆かな手本」(60) 昨日今日 ・・・・
「芳翆かな手本」(59) 五月雨 を ・・・・
「芳翆かな手本」(58) おそきひの ・・・・
「芳翆かな手本」(57) ふるひいな ・・・・
「芳翆かな手本」(56) きみならで ・・・・
「芳翆かな手本」(55) としくれぬ ・・・・
「芳翆かな手本」(54) めいげつや ・・・・
「芳翆かな手本」(53) かれえだに ・・・・
「芳翆かな手本」(52) はなのくも ・・・・
「芳翆かな手本」(51) とんぼつり ・・・・
芳翠行書唐詩帖、芳翠草書唐詩帖
芳翠草書「千文字」、芳翠行書
芳翠草書「六然訓」
神 川 臨 ・ 禮 器 碑/乙瑛碑
最近の掲載